シクロクロスを知り尽くしたライダーが開発に携わり出来た『JFF #801フレーム』がついに販売開始

2014/12/13 JFF, JFFフレーム, One by ESU

シクロクロスを知り尽くしたライダーが開発に携わり出来た『JFF #801フレーム』がついに販売開始



現代日本シクロクロス界の第一人者として全日本選手権9連覇など輝かしい実積を残した名選手「辻浦 圭一」と共に開発したディスク専用スチールシクロクロスフレーム。

日本人が世界に向けて戦うシクロクロスフレームとは何か•••を熟知した知識と経験を活かしながらジオメトリーに最新のトレンドを入れ込み、MTB・トラック・ロードと、希有な日本を代表するマルチプレイヤーとしての引き出しの多さも加味されて、さらに楽しさを望むファンライダーの気持ちも汲み取る設計となって表現されているフレーム。

反応の良いクイックなハンドリング(操作性)を生み出すための理想的なステム(突出し100mm程度)を使用する事を前提に、トップチューブ(SL)は短く絶妙なヘッド角度を設定。

後輪にしっかりとペダリングによるトラクション(駆動力)を伝えて、オフロードでの反応よりも安定性を優先するべく、リアセンター(RC)はやや長めに設定している。
色んな場面でもバイクの中心に重心を維持しやすく、抜群の操縦コントロール性能を持っており、日本の里山遊びバイクとしてもベストフィーリング。

オリジナルエンドによってディスクマウントをシートステーとチェーンステーの間に入れスマートに仕上げている。(140mm設定)
大径ヘッドチューブは剛性も十分で、フロントフォークには強靭なテーパーヘッド&ダイレクトディスクマウントのOBS-CBD1.5を組み合わせることでトップレーシングシーンにも対応し、スマートなOBS-CBDフォークを組み合わせマルチサイクリストバイクとして楽しむのもいい。



140mmローターに対応したスチール削り出しオリジナルディスクエンド

クリアランスを持たせたチェンステー

補強板が付いた強靭なチェーンステーには『JFF』と赤の刻印入り


JFF #801
■フレーム:¥98,000+税
■フレーム&OBS-CBDフォーク:¥129,000+税
■フレーム&OBS-CBD1.5フォーク:¥132,000+税
※価格にはフレームのカラーチャート内単色塗装代が含まれます。
※カーボンフォークへのフレームとの同時同色塗装による料金はフレーム通常価格にプラス¥12,000+税です。
※ダウンチューブの胴抜き塗装はカラーチャートから選択可能です。胴抜きによる料金はフレーム通常価格にプラス¥7,200+税です。
※選択可能なカーボンフォークの情報はカタログVol.22のP.22を参照下さい。
●フレーム:#4130熱処理クロモリオリジナルダブルバテッド
●フォーク:※選択フォークはカタログVol.22のP.22を参照ください
●サイズ:S・M・L
●カラー:オーダー(カタログVol.21掲載のカラーチャートからの選択も可能)
●シートポスト径:27.2mm ●Fメカバンド径:28.6mm  ●リヤエンド幅:135mm
●ディスク:ISマウント●BBシェル幅:68mm
◆付属品:ZS225X BR 1-1/8”&1.5”フォーク下玉押付属・ケーブルガイド・チェンステープロテクター
※ヘッドセットには下玉押(クラウンレース)1-1/8″用と1.5″用を付属したブラウンカラーが美しいTANGESEIKI  ZS225Xを採用することで、
1-1/8″の従来サイズのフォークから「1-1/8″ Taperead 1/2″(1.50)」のテーパーヘッドコラムフォークにも対応。



※JFFフレームは前輪の曲げ角度によっては前輪が爪先にぶつかり転倒する恐れがありますのでご理解の上ご購入ください。

Tags: , , , , , , ,