新しいフレームシリーズ「JFF」がOnebyESUから発売!

2014/07/8 One by ESU


新しいフレームシリーズ「JFF」がOnebyESUから発売!
自転車と人との快適な調和を追求し「パーソナルベスト」を実現してください!

520mmフレームにOBS-R11フォーク同色(S-012オレンジ)仕様

530mmフレームを胴抜き(S-007ディープパープル&S-001ホワイト)に
OBS-R21フォーク同色(S-007ディープパープル)仕様

438mmフレームにOBS-R2 OF:50フォーク同色(S-011サクラカラー)仕様

「ジャパニーズフィット」をテーマとする東京サンエスでは、独自の製品開発により、ハンドル(Jシリーズ)・サドル(ナロウシリーズ)・チェンホイール(ラ・クランク)・ペダル(48シリーズ)など、特に身体の体格的な要素が影響する自転車構成部品を追求し「フレームも自転車を構成する一部分」の考えから、フレームの発表に至りました。


ファーストモデル「JFF #501」は、ロードバイクのカテゴリーに於いて、継続的に安全で快適に操ることが出来るロードフレームを開発コンセプトとしています。○○○でなければならない・・と言ったものではなく、ロードバイクとの一体感を探している方や現状の違和感に気づき出して来た方にお薦めです。シンプルな外見と豊富な新しいカラーも魅力。人との調和や自然な感触を大切に考える「JFF」なら、自分独自の自転車を構成することも可能です。


長時間走行する事の多いロードバイクでは、短時間で使いやすい主に身体の前側の筋肉だけを使うのではなく、腹筋や背筋などと共に、主に後ろ側の大きな筋肉を使う事が持続走行のキーポイントとなります。JFF#501は自転車の持続的なコントロール性を最重要に設計しており、全てのサイズにおいて後輪加重しやすく積極的に大きな筋肉を使うことができ、低重心で直進安定性に優れた素直なハンドリング特性を持っています。


最小トップチューブサイズ488mmに於いても調和の取れた設計は下りでも安心。オーソドックスなクロモリチューブはサイズによってバテッド位置を適正化させ過剰な剛性を避けており、適度なハガネの跳ね返りによって走行をサポートし、ロングライドやツーリングでも快適にライダーと調和します。JFF#501は身体全体で持続的に操縦出来る設計を追求しています。

シート部分は美しい
フィレット仕上げの集合ステー
細身のチューブに合う1-1/8”
インテグラルヘッドチューブ
クロモリチューブのラインを
引き立たせるシンプルなディカル



JFF #501
■フレーム:¥88,000+税
■フレーム&OBS-R11フォーク:¥122,000+税
■フレーム&OBS-R21フォーク:¥118,000+税
■フレーム&OBS-R2フォーク  :¥106,000+税
※価格にはフレームのカラーチャート内単色塗装代が含まれます。
※カーボンフォークへのフレームとの同時同色塗装による料金はフレーム通常価格にプラス¥12,000+税です。
※ダウンチューブの胴抜き塗装はカラーチャートから選択可能です。胴抜きによる料金はフレーム通常価格にプラス¥7,200+税です。
※選択可能なカーボンフォークの情報はカタログVol.22のP.21を参照下さい。


●フレーム:#4130熱処理クロモリオリジナルダブルバテッド
●サイズ:438•463•510•520•530•540•555mm
★カタログVol.21発表よりサイズ555mmを追加しました。
●カラー:オーダー(カタログVol.21掲載のカラーチャートからの選択も可能)
●シートポスト径:27.2mm
●Fメカバンド径:28.6mm
●BBシェル幅:68mm
●重量:約1.69kg(フレーム510mmの場合)
◆付属品:TG36IS2 1-1/8”インテグラルヘッド・ケーブルガイド・チェンステープロテクター


※JFFフレームは前輪の曲げ角度によっては前輪が爪先にぶつかり
転倒する恐れがありますのでご理解の上ご購入ください。

OBS-R11フォークオフセット推奨セッティング
フレームサイズ/オフセット
438•463mm/53mm
510•520mm/50mm
530•540mm/47mm
540•555mm/45mm




多くの構成部品からなる自転車。どんな部品を選択して完成させるかによって、そのパフォーマンスも大きく変わります。
JFFフレームには特にクランクなど適正な長さを選んでください。ライダーのスキルに因りますが、自転車を操る一体感に影響を及ぼし大きな差が出ます。フレームから完成に至るプロセスはショップで十分相談してください。その時点から楽しい自転車ライフがスタートします。

Tags: , , , ,